交通事故による「むちうち」でお悩みの方へ

「むちうち」とはどんな症状?

 ⑴ 交通事故ではむちうちで悩む方が多い

 「むちうち」とは、交通事故の際に突然大きな衝撃が体に加わり、その瞬間に身体の首や背中、腰などが捻られるなどして筋肉や関節を損傷し、その結果、痛みやそれに伴う手足のしびれがでている状態をいいます。

 交通事故の被害にあった方の中にはむちうちに悩まされる方もおおく、その意味でむちうちは、交通事故による怪我の代表例ともいえるでしょう。

 

 ⑵ 事故直後には痛みを感じないこともある

 交通事故のケガでよくあるのが、事故当日は痛みが無かったのに翌日以降になって痛みが出てくることです。事故の直後は、気が動転していたりアドレナリンが大量に分泌されていたりする影響で、実際には痛みがあるのにも関わらず、痛みを感じられないことがあります。

当院にも、このような痛みの発生の仕方で訪れる患者さまが多くいらっしゃいます。

交通事故にあわれたら、事故直後に痛みを感じなくてもなるべく早めに接骨院へご相談ください。

交通事故による「むちうち」の施術

⑴ まずは丁寧にお話を伺い、ケガの状態を確認します

 交通事故のケガに限らず、患者さまの主訴(どこが辛いのか)を聞き、ケガの場所や程度、原因を知ることは早期治療の基礎となります。

むちうちの場合も、痛みの程度や痛みが出る部位は、患者さまによってさまざまですので、しっかりと話を聞き、体の状態を把握することが重要です。
ふたば整骨院では、辛いむちうちの症状を持った患者さまに、経験豊富な柔道整復師が丁寧にお話を伺い、お身体の状態をみることを大切にしています。

 

 ⑵ 施術の見通しと施術方法をお話します

 経験を積んだ柔道整復師が、伺ったお話やお客様の状態から施術の見通しを決定します。

施術がどのくらいの期間必要になるのか不安に思われる方は多くいらっしゃいます。

当院では、施術の見通しと施術の方法、その効果などについて丁寧にご説明して納得して頂きながら進めさせていただきますので、安心してお任せください。

「むちうち」の施術期間

 ⑴ 交通事故によるむちうちの施術期間の特徴

 むちうちは、外見上は特に傷などがないことから、家族や職場などの周囲の方から、その辛さを理解されにくいという特徴があります。しかし実際には患部の内部の筋肉や関節、じん帯などを損傷しており、痛みや違和感、関節が動かしにくいなどの症状が現れます。
 また、被害に遭われたご本人様も仕事を優先するなどして、少々の痛みだと我慢してしまわれることが多く、発見が遅くなる場合があります。

 発見が遅くなると、それだけ損傷した状態で身体を使うため、傷口を広げるようなことにもなり早期の回復が難しくなってしまう場合もあるため注意が必要です。

 

 ⑵ 早めに当院へお越しください

 交通事故に遭った場合には、早めにふたば整骨院へご相談ください。

当院は交通事故のケガを長年取り扱っており、ご来院頂ければ丁寧にお話を伺い、ケガの状態の確認や施術期間の見込みなど的確に判断しご説明させていただきます。

交通事故サイト院長メッセージ

受付・施術時間

 
午前 -
午後 ---

【月~金】
午前8:30~午後12:00
午後2:30~午後 7 :30
※水曜午後は休み
【土】
午前8:30~午後1:00
【定休日】
日・祝

所在地

〒121-0062
東京都足立区
南花畑2-26-21

03-3859-3716

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

  • 交通事故サポートドットプロ

PageTop